コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーダーズ・ダイジェスト リーダーズ・ダイジェスト Reader's Digest

3件 の用語解説(リーダーズ・ダイジェストの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リーダーズ・ダイジェスト
リーダーズ・ダイジェスト
Reader's Digest

1922年に創刊されたアメリカの月刊ダイジェスト誌。世界の主要な雑誌,単行本のなかから一般的な興味のあるものを要約紹介する雑誌であるが,厳格な選択基準による良心的な編集で,現在では世界各国で翻訳されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

リーダーズ・ダイジェスト

米国の月刊誌。1922年D.ウォーレス夫妻が創刊。各種刊行物からノンフィクション記事を大衆向けに要約・転載して編集。19ヵ国語,48版の国際版も発行し,発行部数は1510万部(1998年)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リーダーズ・ダイジェスト
りーだーずだいじぇすと
Reader's Digest

アメリカの総合月刊誌。1922年、ウォーレスDeWitt Wallace(1890―1981)とその妻ライラのウォーレス夫妻により創刊された。創刊部数は5000部で、そのすべてが通信販売であった。1929年に店頭販売を開始し、大恐慌のさなかにもかかわらず6万2000部を売り上げ、その6年後には100万部の大台を突破した。ポケットに入れて持ち運びやすいコンパクトサイズで、新刊書や雑誌記事の抜粋とオリジナルの記事からなる。いつまでも読むに耐える、読んでおもしろいものを選ぶのが編集上の基本方針だが、中西部の勤勉で保守的な人たち(ミドルアメリカン)の価値観を代表する内容ともいわれる。2000年6月期の国内の号当り販売部数は1261万部(2063万部の『モダン・マチュリティ』に次ぎ第2位)。国外では19言語、47種類の版が出ており、それを入れると1億部弱で世界最大部数の雑誌といえる。発行元のリーダーズ・ダイジェスト・アソシエーションは、同誌のほかに、DIY情報誌『ザ・ファミリー・ハンディーマン』、中高年向けの『ニュー・チョイス』、資産運用情報誌『マネーワイズ』、ウォーキング愛好者向けの『ウォーキング』などを発行する。また、選集・図鑑・児童書などの書籍を発行するほか、レコードやCD(あらゆるジャンルの全集もの)、ビデオ(旅行・自然・歴史・科学関連)などを製作し、世界規模のクラブ組織を使って通信販売を行っている。2000年6月期の収入は25億5000万ドル(対前年度比1%増)、利益は2億5200万ドル(同54%増)。日本語版は第二次世界大戦直後の1946年(昭和21)に創刊され「リーダイ」の愛称で親しまれていたが、業績不振のため86年2月号をもって廃刊となった。[星川正秋]
『常盤新平著『アメリカン・マガジンの世紀』(1986・筑摩書房) ▽塩谷紘著『「リーダイ」の死』(1986・サイマル出版会) ▽金平聖之助著『アメリカの雑誌 1888~1993』(1993・日本経済新聞社) ▽金平聖之助・桑名淳二著『最新アメリカ雑誌情報』(1997・出版研究センター)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リーダーズ・ダイジェストの関連キーワードANSIアメリカの声アメリカ杉アメリカン亜米利加アメリカの没落アメリカの夢アメリカ アメリカアメリカの影リーダーズ・ダイジェスト

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リーダーズ・ダイジェストの関連情報