コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーベ(英語表記)〈ドイツ〉Liebe

デジタル大辞泉の解説

リーベ(〈ドイツ〉Liebe)

愛。恋愛。
恋人愛人

リーベ(Ribe)

デンマーク、ユトランド半島南西部の町。同国最古の都市として知られた。9世紀に建造、13世紀に再建されたリーベ大聖堂をはじめ、13世紀から17世紀にかけての歴史的建造物が数多く残る。2007年エスビャウ市に編入

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

リーベ【Ribe】

デンマークの南西部,ユトランド半島にある都市。人口8535(1975)。リーベ川河口から7km入った地点にあり,8世紀にまでさかのぼることのできるデンマーク最古の都市の一つ。860年にハンブルク・ブレーメン大司教アンスガールが現存するデンマーク最初の教会を当地に建設し,948年司教座が置かれた。中世には,フランドルやイギリスを相手にした交易地として栄え,1202年バルデマール2世王から都市権を得たが,やがてデンマークの中心が東部へ移り,バルト海交易に重点が置かれたためかつての勢いを失っていった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

リーベの関連情報