コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルコント Lecomte, Roger André

2件 の用語解説(ルコントの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ルコント Lecomte, Roger André

1931-1999 フランスの料理人。
1931年1月28日生まれ。昭和38年東京のホテルオークラ洋菓子部門のシェフとして来日。43年独立して洋菓子店「ルコントチェーンフランス料理店をひらく。フランスの歴代大統領など,日本をおとずれた外国要人の料理人をつとめた。平成3年レジオン-ドヌール勲章。平成11年8月6日東京で死去。68歳。ロワール県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルコント
るこんと
Patrice Leconte
(1947― )

フランスの映画監督。パリ生まれ。1967年IDHEC(フランス国立高等映画学院。現フランス国立映画学校FEMIS)に入学。漫画家としても活躍しながら、多くの短編映画を手がけた後、マルセル・ゴットリーブMarcel Gotlib(1934― )の漫画をもとに最初の長編映画『便所は中から閉まっていた』Les Vcs taient ferms de l'intrieur(1975)を監督した。カフェ・テアトル(小劇場を兼ねたカフェ)の喜劇を取り入れた第二作『レ・ブロンゼ/日焼けした連中』(1978)、つづく第三作『レ・ブロンゼ/スキーに行く』(1979)が記録的成功をおさめ、ジャン・マリー・ポワレJean Marie Poir(1945― )などが確立する「カフェ・テアトル的軽喜劇映画」という新しいジャンルの先駆けとなった。以後『髪結いの亭主』(1990)まで一貫して、ミッシェル・ブランMichel Blanc(1952 ― ) 、ジェラール・ジュニョーGrard Jugnot(1951― )、ティエリー・レルミットThierry Lhermitte(1952― )、クリスチャン・クラビエChristian Clavier(1952― )、ジェラール・ランバン Grard Lanvin(1950― )といったカフェ・テアトル出身の俳優をスクリーンに登場させる。しかし作品の幅はカフェ・テアトル的軽喜劇にとどまらず、『スペシャリスト――カジノ金庫強奪大作戦』(1984)ではアクション映画を手がけ、『タンデム』(1986)では喜劇のなかに皮肉な面をもつ作品世界を示している。シムノンの原作をジュリアン・デュビビエが『パニック』(1946)として映画化した後に再映画化した『仕立て屋の恋』(1989)、つづく『髪結いの亭主』では、その作風をシリアスなドラマで開花させ、オールラウンドな映画作家としての地位を確かなものとした。その後発表されたルイ16世時代の宮廷における洗練の行きすぎを風刺した歴史物『リディキュール』(1996)は、予想外の興行的成功と批評家の高い評価の両方を得た。また『ハーフ・ア・チャンス』(1998)は、アラン・ドロンとジャン・ポール・ベルモンドの『ボルサリーノ』(1969)以来30年ぶりの再共演によるハード・アクション、『橋の上の娘』(1999)は白黒の恋愛映画と、1作ごとに作品の幅を広げている。[芳野まい]
Patrice Leconte; Je suis un imposteur(1998, Flammarion, Paris)』
「『ハーフ・ア・チャンス』DVD(1999・アミューズビデオ) ▽『橋の上の娘』DVD(2000・アミューズビデオ) ▽『髪結いの亭主』『仕立て屋の恋』DVD(以上2002・アミューズピクチャーズ) ▽『リディキュール』DVD(2003・タキコーポレーション)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルコントの関連キーワード秋山徳蔵グラッセグリエフランス料理ポワレ料理人辻静雄フランスソワール小野正吉高橋忠之

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルコントの関連情報