コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルジチカ ルジチカRužička, Leopold Stephen

6件 の用語解説(ルジチカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルジチカ
ルジチカ
Ružička, Leopold Stephen

[生]1887.9.13. ブコバール
[没]1976.9.26.
クロアチア生れのスイス有機化学者。カルルスルーエ工科大学で H.シュタウディンガーのもとで学び,チューリヒスイス連邦工科大学講師になるとともにスイスに帰化。ユトレヒト大学有機化学教授 (1926) を経て,スイス連邦工科大学化学教授 (29) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ルジチカ(Leopold Ruzicka)

[1887~1976]スイスの有機化学者。クロアチア生まれ。男性ホルモンアンドロステロンおよびテストステロンの合成で知られる。1939年、ブーテナントとともにノーベル化学賞受賞。ルジーチカ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ルジチカ

クロアチア生れのスイスの有機化学者。シュタウディンガーに学ぶ。ユトレヒト大学教授を経て1929年チューリヒ工科大学教授。テルペンサポニンステロイドに関する研究を行い,1934年コレステロールアンドロステロンを合成,1935年テストステロンを発見,合成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルジチカ【Leopold Stephen Ružička】

1887‐1976
スイスの有機化学者。ユーゴスラビア生れ。カールスルーエ工科大学を卒業後,H.シュタウディンガーの助手となり,1917年ともにスイスに行き市民権を得た。ユトレヒト大学,チューリヒ工科大学の教授を歴任。テルペン類,サポニン類,ステリン類に関して数多くの業績を残した。例えば,麝香(じやこう)の香気成分シベトンやムスコンの構造決定を行い,その合成研究の間に炭素の多い環状ケトンを合成する方法を開発し,コレステリンから男性ホルモン〈アンドロステロン〉や,〈テストステロン〉を合成して構造を確定したことなどがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ルジチカ【Leopold Ružička】

1887~1976) クロアチア生まれのスイスの化学者。男性ホルモンのアンドロステロンやテストステロンを合成。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ルジチカの関連キーワード東京芸術大学120周年雑誌カッペレッティグラネライト脱ガラス化ガラス作用ゾブテンベルク岩玻璃玄武岩卸売物価指数改良服国民之友保安条例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone