コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルーマニア語 ルーマニアご Rumanian language

7件 の用語解説(ルーマニア語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルーマニア語
ルーマニアご
Rumanian language

ルーマニアの国語で,同国を中心に約 2500万人の話し手をもつ言語。ロマンス語派に属する。2世紀初頭にダキアを征服したローマ人がもたらしたラテン語が変化したもの。地理的条件のためスラブ語派の諸言語やトルコ語ハンガリー語アルバニア語からの借用語が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ルーマニア‐ご【ルーマニア語】

ロマンス諸語の一。ルーマニアのほか、モルドバ共和国バルカン諸国でも話される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ルーマニア語【ルーマニアご】

インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属するロマンス語の一つ。スラブ語派の諸言語,ハンガリー語トルコ語の影響のほか,後置定冠詞など,バルカン半島の言語の特徴をも示し,ロマンス語中特異の位置にある。
→関連項目モルドバ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ルーマニアご【ルーマニア語 Rumanian】

ロマンス諸語(ロマンス語)の一つ。広義には次の四つの方言群の総称であるが,狭義には(1)のみを指す。 (1)ダコ・ルーマニア語Daco‐Rumanian ルーマニア(人口約2281万,1割余はハンガリー語などの他言語民族)およびモルドバ(旧称モルダビア)共和国を中心に,約2500万人の話し手を有する。ルーマニアの公用語である標準ルーマニア語は,ブカレストを含むムンテニア地方の方言に基づく。旧ソ連邦では,旧モルダビア共和国の公用語(ロシア文字を使用)の基盤となっている同地域の言語を,〈ルーマニア語〉と区別して〈モルダビア語〉と呼ぶが,これは実質的にダコ・ルーマニア語の一方言と見なしうる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ルーマニアご【ルーマニア語】

ルーマニアの公用語。インド-ヨーロッパ語族イタリック語派の一。ラテン文字を使用。比較研究上重要な言語。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の主要言語がわかる事典の解説

ルーマニアご【ルーマニア語】

インドヨーロッパ語族イタリック語派に属する、ロマンス諸語の一つ。ルーマニアの公用語。モルドバの公用語(モルダビア語)は一方言。バルカン半島にも方言が話される地域が散在する。話者数は2600万人。ローマ帝国の属州ダキアにもたらされた古代ローマ人のラテン語がもととなり、6世紀以後バルカン半島に南下したスラブ人の言語の影響を受けながら成立。19世紀後半にルーマニア統一国家の公用語となり、ルーマニア地域ではキリル文字に代えてラテン文字を採用した。文法的には、名詞に3つの性があること、定冠詞の後置、接続法の多用などの特徴がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルーマニア語
るーまにあご

インド・ヨーロッパ語族中のイタリア語派に属するラテン語の口語、いわゆる俗ラテン語から発展してできたロマンス諸語の一つ。フランス語イタリア語などと同族関係にあるが、周囲のブルガリア語、アルバニア語、現代ギリシア語と共通のバルカン言語圏の特徴(後置定冠詞、接続法の多用など)も備えている。古ルーマニア語は、紀元1~2世紀にローマ帝国に征服された古代のトラキア人ダキア人が、公用語としての俗ラテン語東方方言を受容した結果生まれた。その結果、当然、基層のダキア語から継承した要素(約100の単語など)をもつが、8、9世紀以後南下してきたスラブ人の言語の強い影響を受け、ドナウ川右岸ではほとんど消滅した。しかし、バルカン各地の山間部や海岸には、総数30万人以上のルーマニア系言語集団の村落が散在している。ルーマニア語はダキア地方に12、13世紀に成立した封建国家の公用語としての地位を確立し、16世紀なかばからルーマニア語による印刷も始まっている。19世紀後半には、ルーマニア統一国家の成立とともにその公用語となり、1860年代にそれまで用いられていたキリル文字のアルファベットがラテン文字表記にかえられた。ただし、旧ソビエト連邦を構成していたモルダビア共和国(現モルドバ共和国)では、ロシア語と同じ表記が導入された。アメリカへの移住者も含めて、ルーマニア語を母国語とする人口は約2100万人。主要な方言は、ムンテニア、モルドバ、トランシルバニア方言であるが、差異は大きくない。[直野 敦]
『直野敦著『ルーマニア語の入門』(1977・白水社) ▽直野敦編『ルーマニア語辞典』(1984・大学書林)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のルーマニア語の言及

【ロマンス語】より


[分類・分布]
 ロマンス語の分類に関してはさまざまな試みがなされているが,19世紀末に死滅したダルマティア語(かつてアドリア海東岸に分布)を今日使用されているロマンス語に加えたうえで,次のような分類が考えられる(配列順序はヨーロッパにおける分布をおおよそ西から東にたどったもの)。(1)ポルトガル語,(2)スペイン語,(3)カタロニア語(カタルニャ語,カタラン語とも),(4)オック語(オクシタン(語)とも),(5)フランコ・プロバンス語Franco‐Provençal,(6)フランス語,(7)レト・ロマン語(レト・ロマンス語とも),(8)サルジニア語(サルデーニャ語とも),(9)イタリア語,(10)ダルマティア語Dalmatian,(11)ルーマニア語。これらの〈言語〉はいずれもいくつかの地域的な変種(方言)を含んでいるが,(1)(2)(3)(6)(9)(11)のように超局地的な共通語(標準語)の確立している言語と,そのような標準語をもたない(4)(5)(7)(8)(10)のような言語とがある。…

※「ルーマニア語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ルーマニア語の関連キーワードラブロマンスロマンスグレーロマンスシートロマンスカーロマン派リドル・ロマンス/迷宮浪漫ロマンスのRロマンスの日ロマン語レト・ロマン語

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルーマニア語の関連情報