コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レイヨニスム rayonnisme

大辞林 第三版の解説

レイヨニスム【rayonnisme】

〔rayon(光線)から〕
二〇世紀初め、ロシアのラリオーノフ(Mikhail Fyodorovich Larionov1881~1964)が提唱した前衛絵画運動。光を描くことを中心に光線による画面構成を行なった。光線主義。ルチズム。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レイヨニスム
れいよにすむ
layonnismeフランス語

ロシアの画家ラリオノフが20世紀の初めに提唱した絵画理論。ロシア語ではルチズムЛучизмで、光線を意味するルチから生まれた用語。光線主義。主としてラリオノフとその夫人ゴンチャロバがこの理論を実践したが、その主張するところは、絵画を純粋化していけば究極のところ光線を描くことになるとして、画面を光線の交錯によって構成するものである。それはまた色彩のハーモニーとリズムとの関係をとらえることにも通じ、20世紀における抽象絵画の先駆的な仕事でもあった。しかし、ロシアにおいては、ラリオノフが1915年に西側へ去ったこともあり、この絵画理論は発展されなかった。西欧においても、この理念は抽象絵画のなかに吸収されて、それ自体としては継承されず、この用語はロシア前衛絵画史のなかに名をとどめているにすぎない。[木村 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

レイヨニスムの関連キーワードミハイル ラリオーノフレイヨニズムラリオーノフゴンチャロワイタリア美術木村