コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レイヨニズム Rayonism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レイヨニズム
Rayonism

光線主義。抽象美術の一運動。 1910~12年に M.ラリオノフ,N.ゴンチャロワによりモスクワで始った運動。イタリアに起った未来派と類似し,さらにそれを発展させ,時間と空間をこえて四次元の表現を目指し,人物や都市などの形態を光線の図式に解体し,一種の抽象絵画を作り出した。この運動は長続きしなかったが,ラリオノフによりディアギレフのロシア・バレエ団の舞台装飾などに影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

レイヨニズム(rayonism/rayonnism)

《「レイヨニスム」とも》1913年、ロシアの美術家ミハエル=ラリオーノフによって唱えられた絵画思想。物体に反射する光の表現を追求した。光線主義。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

レイヨニズムの関連キーワード新聞小説フレーブニコフ田岡嶺雲ニコラ1世アフリカ神話有島武郎桂太郎内閣都市気候夏目漱石表現主義

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android