レインコート

百科事典マイペディアの解説

レインコート

防雨用のコート。ダスター・コートスプリング・コートと兼用することもある。布地バーバリークレバネットギャバジンなどにシリコンなどで防水加工した通気性のあるものが用いられるが,ビニルナイロンその他の合成繊維ゴム加工によるものもある。代表的な形にはトレンチコートがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レインコート【raincoat】

雨や雪などから衣服を守るために着用するコート。防水加工したギャバジンなど木綿やウール,ゴム,ビニル,ナイロンなどでつくられる。近代になるまでは雨のための特別の衣服は見られず,ウールや毛皮,蓑(みの)などの自然の防水性に依存していた。1823年,スコットランドの化学者マッキントッシュCharles Mackintosh(1776‐1843)が二重の布地の間にゴムを型入れする加工法を考案し,特許をとった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レインコート
れいんこーと
rain coat

雨天用のコート。軽量で織り目の密な綿、毛、絹、合成繊維などに、シリコーン、金属せっけん、ゴム、パラフィンなどで防水加工したものや、ビニルなどが用いられる。原始時代には動物の腸を縫い合わせたものや、光沢と防水性のある木の葉を網や草などに織り込んだものが防水のために使われた。1823年、スコットランドの化学者チャールズ・マッキントッシュCharles Macintosh(1776―1843)が、インドゴム引きの防水布で特許を取得した(当初のものは不評)のち、この布マッキントッシュで各種のレインコートがつくられると、その名はレインコートの代名詞になった。1830年代、トーマス・バーバリーThomas Burberryが防水性の布で男物のレインコートをつくったが、いまも「バーバリー」はある種の型のレインコートを表す。20世紀以降、レインコートは雨天だけでなく全天候型に向くようなものに変わってきて、ダスターコートや合着としても用いられる。[田村芳子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レインコートの関連情報