コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レオメーター

栄養・生化学辞典の解説

レオメーター

 弾力測定機.物質の固さ,粘度,伸び,切断強度,応力緩和などの物性を測定する装置

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レオメーター
れおめーたー
rheometer

物質の変形と流動に関する諸性質(粘性、粘弾性など)を総合的に測定・評価するための装置。対象物質に応じた種々の試験が行えるようくふうされている。たとえば、回転する円錐(えんすい)と静止平板の間に試料液体を入れて、その非ニュートン粘性を測定する装置を組み込む例などがそれである。[三井清人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

レオメーターの関連キーワード非ニュートン粘性レオロジー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android