コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レシステンシア レシステンシア Resistencia

2件 の用語解説(レシステンシアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レシステンシア
レシステンシア
Resistencia

アルゼンチン北部,チャコ州の州都。ブエノスアイレスの北約 800km,パラナ川西岸に近く,同川に注ぐバランケラス川の最下流部にのぞむ。 17世紀なかばにイエズス会の伝道所が建設されたことに始る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レシステンシア
れしすてんしあ
Resistencia

アルゼンチン北部、チャコ州の州都。パラナ川右岸の河港都市で、対岸にコリエンテスがある。人口39万9000(2002推計)。植民地時代も独立以降も辺境で、先住民勢力が強いため開発が遅れていた。しかし、19世紀末の先住民征圧後、北東部フロンティアの開発基地として、行政、経済の中心地となり、綿花ブームにより開発が進んだ。綿花、ケブラチョ、家畜の集散地である。市名は「抵抗」を意味する。[今井圭子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レシステンシアの関連キーワードブエノスアイレスフォルモサラプラタ亜爾然丁アルゼンチンタンゴプエルトイグアスブエノスアイレスの熱狂アルゼンチンワイングラン・チャコアルゼンチン領チャコ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone