コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レッド・パワー Red Power

翻訳|Red Power

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レッド・パワー
Red Power

アメリカ国内のインディアンの解放運動。 1969年 11月頃よりサンフランシスコ湾アルカトラス島に約 200人のインディアンがたてこもってインディアン政策の改善を要求。 72年3月にはサウスダコタ州ウンデッドニーを占拠して長年にわたる連邦政府のインディアン政策の不法性を告発するなど,実力行使によってインディアンに対する差別,偏見,不当な扱いを糾弾する活動を展開した。中心的組織としては 68年に発足したアメリカ・インディアン運動 AIM (American Indian Movement。白人のインディアンに対する偏見や差別に抗議し,インディアンによる自決を目標に活動している運動) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レッド・パワー
れっどぱわー
Red Power

1960年代後半から70年代にかけて高揚を示したアメリカ・インディアンの復権運動で、その名は黒人解放運動の旗印となったブラック・パワーに由来する。「レッド」とは彼らがレッドマン(赤人)とよばれたことによる。レッド・パワーは、インディアンが自らの固有の文化、価値観、生活様式を自らの手で復活し再生することを目ざし、アメリカ合衆国と結んだ条約上や協定上の諸権利――領土権、漁業権、水利権、地下資源権など――の回復と擁護を具体的な内容とする「民族自決」運動である。68年に結成されたアメリカ・インディアン運動(AIM)が推進力となって、69~71年のアルカトラズ島占拠、72年の「破られた条約の旅」(連邦政府の違約に対する抗議デモ)や内務省占拠、さらに73年のウンデッド・ニー占拠などを展開した。このような直接行動だけでなく、74年の全国アメリカ・インディアン会議による「主権宣言」、法廷闘争や国際連合での活動など、多様な方法で復権運動が続けられている。[富田虎男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

レッド・パワーの関連キーワードネイティブ・アメリカン北アメリカインディアンウーンデッド・ニー

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android