コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レナ[川] レナ

百科事典マイペディアの解説

レナ[川]【レナ】

ロシア,東部シベリアの大河。全長4400km。バイカル山脈西麓に発して北東流,ヤクーツク付近から幅約7kmの大河となり,北流して北極海のラプテフ海に注ぐ。河口は約3万km2の広大なデルタを形成。
→関連項目シベリアロシア

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レナ[川]【Lena】

ロシア連邦東部,東シベリアの大河。全長4400km,流域面積249万km2。バイカル山脈の小さな湖(標高930m)を水源とし,イルクーツク州サハ共和国を北流して,ラプテフ海へ注ぐ。上流部分は源流からビチム川との合流点まで,中流部分はアルダン川との合流点まで,そして河口までの下流部分に分かれる。河口には約3万km2の三角州を形成する。河口での水量は年平均1万7000m3/sとエニセイ川に次ぎ,ロシア第2位を誇る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

レナ[川]の関連キーワードバランキヤ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android