コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レプチン leptin

翻訳|leptin

家庭医学館の解説

れぷちん【レプチン】

 最近、肥満遺伝子(ひまんいでんし)というものが発見されました。この遺伝子は、脂肪組織の細胞だけにあり、食欲を抑えるはたらきのあるレプチンというたんぱく質をつくります。
 肥満マウス(遺伝的に肥満する実験動物)は、正常なレプチンをつくれないために食欲を抑えられずに太ること、糖尿病マウスや肥満ラットは、脳の中枢(ちゅうすう)にあるべきレプチンの受容体がうまくつくれず、食欲が抑えられずに太ることが明らかになっています。
 ヒトでは、レプチンの異常は数例しか見つかっておらず、肥満者でも血中のレプチンの濃度が高いことがわかっています。それにもかかわらず、食欲が抑えられないのは、レプチンの受容体の感受性が低下しているなどの原因が考えられています。このレプチンとその受容体の解明は、肥満の原因と治療に役立つと期待されています。

出典 小学館家庭医学館について 情報

大辞林 第三版の解説

レプチン【leptin】

脂肪細胞から分泌されるホルモン様タンパク質。脂肪量を一定に保つ働きがあるとされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

レプチンの関連キーワードジェフリー フリードマンダグラス コールマンレプチンレセプター肥満抑制遺伝子レプチン受容体アディポカイン神経ペプチドY白色脂肪組織グレリンSTAT肥満症働き一定

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レプチンの関連情報