コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レプチン レプチンleptin

翻訳|leptin

4件 の用語解説(レプチンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

レプチン(leptin)

脂肪細胞から分泌されるホルモン。食欲を抑制し、エネルギー代謝を活性化させる機能をもつ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

生活習慣病用語辞典の解説

レプチン

脂肪細胞から分泌されるアディポサイトカイン (生理活性物質) の 1 つで、食欲を抑制し、エネルギー消費を増加させます。また、体内脂肪を調整する作用もあります。肥満時には、作用が低下します。

出典|あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)
生活習慣病用語辞典について | 情報

家庭医学館の解説

れぷちん【レプチン】

 最近、肥満遺伝子(ひまんいでんし)というものが発見されました。この遺伝子は、脂肪組織の細胞だけにあり、食欲を抑えるはたらきのあるレプチンというたんぱく質をつくります。
 肥満マウス(遺伝的に肥満する実験動物)は、正常なレプチンをつくれないために食欲を抑えられずに太ること、糖尿病マウスや肥満ラットは、脳の中枢(ちゅうすう)にあるべきレプチンの受容体がうまくつくれず、食欲が抑えられずに太ることが明らかになっています。
 ヒトでは、レプチンの異常は数例しか見つかっておらず、肥満者でも血中のレプチンの濃度が高いことがわかっています。それにもかかわらず、食欲が抑えられないのは、レプチンの受容体の感受性が低下しているなどの原因が考えられています。このレプチンとその受容体の解明は、肥満の原因と治療に役立つと期待されています。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レプチンの関連情報