レーリス(英語表記)Leiris, Michel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーリス
Leiris, Michel

[生]1901.4.20. パリ
[没]1990.9.30. フランス
フランスの詩人,エッセイスト,民族学者。狂気と錯乱の世界を求めて,1924年以来シュルレアリストのグループに加わり,詩集『見せかけ』 Simulacre (1925) を出すが,のち民族学の研究に向い,民族学調査団の一員としてアフリカを旅行,『幻のアフリカ』L'Afrique fantôme (34) を書いた。自伝的エッセー『成年』L'Âge d'homme (38) ,『ゲームの規則』 La Règle du jeu (4巻,48~76) ,『オランピアの頸のリボン』 Le Ruban au cou d'Olympia (81) や,詩作の大部分を収録した『癲癇 (てんかん) 』 Haut mal (43) などには,夢と幻覚,エロティシズムと倒錯に満ちた独自の世界が描き出されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レーリス
れーりす
Michel Leiris
(1901―1990)

フランスの民族学者、作家。パリ生まれ。シュルレアリストとして出発し、エッセイ『闘牛とみなされた文学』(1935)、自伝的作品『成年』(1939)で注目され、『削除』(1948)、『装具』(1955)、『小繊維』(1966)、『かすかなざわめき』(1976)からなる『ゲームの規則』La Rgle du jeuは新しい告白文学として評判となる。ほかに詩集『癲癇(てんかん)』(1943)、夢幻小説『オーロラ』(1946)、エッセイ『夜なき夜、昼なき昼』(1961)がある。[窪田般彌]
『細田直孝訳『夜なき夜、昼なき昼』(1970・現代思潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android