コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーリス レーリス Leiris, Michel

2件 の用語解説(レーリスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーリス
レーリス
Leiris, Michel

[生]1901.4.20. パリ
[没]1990.9.30. フランス
フランスの詩人,エッセイスト,民族学者。狂気と錯乱の世界を求めて,1924年以来シュルレアリストのグループに加わり,詩集『見せかけ』 Simulacre (1925) を出すが,のち民族学の研究に向い,民族学調査団の一員としてアフリカを旅行,『幻のアフリカ』L'Afrique fantôme (34) を書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レーリス
れーりす
Michel Leiris
(1901―1990)

フランスの民族学者、作家。パリ生まれ。シュルレアリストとして出発し、エッセイ『闘牛とみなされた文学』(1935)、自伝的作品『成年』(1939)で注目され、『削除』(1948)、『装具』(1955)、『小繊維』(1966)、『かすかなざわめき』(1976)からなる『ゲームの規則』La Rgle du jeuは新しい告白文学として評判となる。ほかに詩集『癲癇(てんかん)』(1943)、夢幻小説『オーロラ』(1946)、エッセイ『夜なき夜、昼なき昼』(1961)がある。[窪田般彌]
『細田直孝訳『夜なき夜、昼なき昼』(1970・現代思潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レーリスの関連キーワードエヌパリジェンヌ没・歿勃・歿・没三角数ハルパリュケヘパラン硫酸Diaz de la Peña,N.ペリパリオ,N.

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レーリスの関連情報