ロジャー ムーア(英語表記)Roger Moore

20世紀西洋人名事典の解説

ロジャー ムーア
Roger Moore


1928.10.14 -
俳優
サウス・ロンドンのストックウェル生まれ。
警官の息子として生まれ、数々の職業を転々とする。1950年代初期に歌手ドロシー・スクイアーズと知り合い、彼女と共に渡米し、テレビに出演するようになる。映画には端役を経て、’54年の「雨の朝巴里に死す」で大役を得た以後は順調に役を得る。’61〜68年にはテレビ・シリーズ「セイント」で人気を獲得、’73年「007/死ぬのは奴らだ」で3代目ジェームズ・ボンド役に選ばれ、同シリーズ7作に出演。私生活では3度の結婚歴があり、子供が3人いる。作品は他に「ピンクパンサー5」(’81年)、「007/美しき獲物たち」(’85年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ロジャー ムーア

生年月日:1928年10月14日
イギリスの俳優

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

現代外国人名録2016の解説

ロジャー ムーア
Roger Moore

職業・肩書
俳優 国連児童基金(ユニセフ)親善大使

国籍
英国

生年月日
1927年10月14日

出生地
ロンドン

学歴
ロイヤル・アカデミー・オブ・ドラマティック・アート(RADA)卒

勲章褒章
CBE勲章〔1999年〕, フランス芸術文化勲章コマンドール章〔2008年〕

受賞
ダグ・ハマーショルド賞(ユニセフ)〔2007年〕

経歴
ソーホーのアニメ会社でトレーサーとして働く。のち「シーザーとクレオパトラ」にエキストラ出演したのが映画監督に目にとまり、ロイヤル・アカデミー・オブ・ドラマティック・アート(RADA)に入学。ケンブリッジの舞台に立つ。1953年渡米、MGMの契約俳優となる。「雨の朝パリに死す」(’54年)などに出演。その後、テレビシリーズ「アラスカ人」(’59〜60年)、「マーベリック」(’60〜62年)、「セイント天国野郎」(’62〜69年)などに出演し、人気を得る。’73年映画「007/死ぬのは奴らだ」で3代目ジェームス・ボンド役に抜擢、以後’85年の「007/美しき獲物たち」まで7作に出演。’96年「ザ・セント・アンド・ザ・パースエイダーズ」に出演、20年ぶりにテレビドラマに復帰する。他の映画出演作に「大逆転」(’69年)、「ロジャー・ムーア/冒険野郎」(’76年)、「ピンク・パンサー5 クルーゾーは二度死ぬ」(’83年)、「クエスト」(’96年)など。また’91年より国連児童基金(ユニセフ)親善大使としても活動し、2000年アフリカで小児マヒ撲滅キャンペーンを行う。サー(Sir)の称号を持つ。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロジャー ムーアの関連情報