コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サー サー sir

翻訳|sir

4件 の用語解説(サーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サー(sir)

目上の男性に呼びかけたり答えたりするときに用いる語。「イエスサー
(Sir)英国で、ナイトや准男爵の名前に冠する敬称。卿(きょう)。「サーアイザック=ニュートン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サー

英国のバロネット(従男爵),ナイトに対する称号。ファーストネームに冠する(Sir Henry SmithまたはSir Henryとし,Sir Smithとはいわない)。
→関連項目爵位

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

サー【xa】

ベトナムの行政の最小単位。大きなサーはトン(村)に分かれる。普通は非漢語系のラン(村落)という呼称を使う。14世紀以前の実態はほとんど不明。15世紀前半のサーは実際の村落規模にほぼ一致していたらしいが,11~14世紀同様,朝廷任命の社官が管掌した。15世紀後半に社官が村代表的な社長に代えられ,16世紀の政治混乱で公田が村落共有地化すると,村老と有力者の自治管理する社村が現れる。村落は地縁的で,年齢階梯・相互扶助等の組織をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

サー【Sir】

英語で、男性に対する丁寧な呼び掛けの語。
イギリスで、準男爵またはナイトのクリスチャン-ネーム(洗礼名)につける尊敬語。卿。 「 --ウインストン=チャーチル」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サーの関連キーワードBit分隊ベトコン戦略単位越僑機素ピップ1本アウイの法則日本ベトナム間賠償借款協定

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サーの関連情報