サー(英語表記)sir

  • xa

翻訳|sir

デジタル大辞泉の解説

目上の男性に呼びかけたり答えたりするときに用いる語。「イエスサー
(Sir)英国で、ナイトや准男爵の名前に冠する敬称。卿(きょう)。「サーアイザック=ニュートン」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

英国のバロネット(従男爵),ナイトに対する称号。ファーストネームに冠する(Sir Henry SmithまたはSir Henryとし,Sir Smithとはいわない)。また,目上の男性につける尊称。
→関連項目爵位

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベトナムの行政の最小単位。大きなサーはトン(村)に分かれる。普通は非漢語系のラン(村落)という呼称を使う。14世紀以前の実態はほとんど不明。15世紀前半のサーは実際の村落規模にほぼ一致していたらしいが,11~14世紀同様,朝廷任命の社官が管掌した。15世紀後半に社官が村代表的な社長に代えられ,16世紀の政治混乱で公田が村落共有地化すると,村老と有力者の自治管理する社村が現れる。村落は地縁的で,年齢階梯・相互扶助等の組織をもつ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (Sir) イギリスで、準男爵(バロネット=男爵より下でナイトより上)やナイトの称号をもつ人の名の前につける尊称。卿。
② (sir) 目上の男性に呼びかけたり返答したりするときの敬称。「イエスサー」 〔舶来語便覧(1912)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サーの関連情報