コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロマッツォ ロマッツォ Lomazzo, Giovanni Paolo

2件 の用語解説(ロマッツォの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロマッツォ
ロマッツォ
Lomazzo, Giovanni Paolo

[生]1538.4.26. ミラノ
[没]1600.2.13. ミラノ
イタリアの画家,著作家。 G.フェラーリらに師事。ミラノの聖アゴスティーノ修道院の食堂の壁画のほか,『聖母子』と『ピエタ』 (ブレラ絵画館) を描いたが,33歳で失明し,その後は絵筆を捨てて著作活動に専念した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ロマッツォ【Giovanni Paolo Lomazzo】

1538‐1600
イタリア,マニエリスムの画家,芸術理論家。ミラノの宗教画家としてサン・ロレンツォフレスコ自画像(ブレラ美術館)が知られているが,のちに画業を捨て理論家となった。代表的論述は《絵画論》(1584)と《絵画の殿堂のイデア》(1590)。前者は,技巧,手法,象徴,エンブレムなどマニエリスム絵画の知識の総括とされる。後者は,美は芸術家の霊魂に生ずる神的なものであるとする新プラトン主義的な美の観念論の極限の例とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロマッツォの関連キーワードジェンティレスキパルミジャニーノホッケマニエリスム理論家マニエリズモ聖セバスティアヌスの殉教ブロンツィーノファン・マンデルベローリ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロマッツォの関連情報