コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロリマー Lorimer, George Horace

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロリマー
Lorimer, George Horace

[生]1867.10.6. ケンタッキー,ルイビル
[没]1937.10.22. ペンシルバニア,ウィンコート
アメリカのジャーナリスト。 1899~1937年『サタデー・イブニング・ポスト』誌の編集長を務め,同誌の再建,発展に尽力し,ドライサーや S.ルイスなど多くの作家に発表の場を与えた。著書に『自力で成功した商人から息子への手紙』 Letters from a Self-Made Merchant to His Son (1902) がある。

ロリマー
Lorimer, James

[生]1818.11.4. スコットランド,アバダルギ
[没]1890.2.13. エディンバラ
イギリスの法学者。エディンバラ大学卒業後,一時弁護士として活躍したが,1862年エディンバラ大学教授となった。公法,自然法,国際法の権威で,当時イギリスで主流をなしていた実証主義,特にベンサム主義に反対して自然法を説き,国際法は自然法を国家間の関係に適用するものであると主張した。国際法学会の創立者の一人。主著『法律原理』 The Institutes of Law (1872) ,『国際法原理』 The Institutes of the Law of Nations (2巻,83~84) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

ロリマー

生年月日:1818年11月4日
イギリスの法学者
1890年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ロリマーの関連キーワードナンシー テレムエディンバラ生年月日自然法

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android