コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロレンツ国立公園 ロレンツコクリツコウエン

2件 の用語解説(ロレンツ国立公園の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ロレンツ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【ロレンツ国立公園】

Lorentz National Park》インドネシア東端、イリアンジャヤニューギニア島西部)にある国立公園。同島最高峰ジャヤ山を含むマオケ山脈の高山地帯からアラフラ海沿岸のマングローブまで、多様な自然環境を擁する。またダニ人をはじめニューギニアの九つの先住民が居住。1999年、世界遺産自然遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解の解説

ロレンツこくりつこうえん【ロレンツ国立公園】

1999年に登録されたインドネシアの世界遺産(自然遺産)で、ニューギニア島西部のイリアンジャヤ州に位置する。面積は約2万5000km2。赤道近くにありながら雪を頂く4800m級の山々が連なる高山地帯と、低地の湿原地帯、熱帯のアラフラ海からなるため、動植物の宝庫であり、東南アジア最大の自然保護区となっている。ジャングル地帯には、ダニ族など9部族の人々が生活している。独自の進化をとげた有袋類のキノボリカンガルーをはじめとする数百種の動物、高山帯から亜熱帯に至る多様な植物相などが評価されて、世界遺産に登録された。◇英名はLorentz National Park

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロレンツ国立公園の関連キーワードインドネシアヘンダーソン島インドネシア海溝サンギラン初期人類遺跡インドネシアの恋唄イスタナ-ムルデカインドネシア大統領邸宅タマンミニインドネシアインドネシア国家警察改革支援日本のインドネシア占領

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone