コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローディー朝 ローディーちょうLodī

2件 の用語解説(ローディー朝の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ローディーちょう【ローディー朝 Lodī】

インドデリー・サルタナット第5番目の王朝。1451‐1526年。他の王朝がトルコ系であるのに対して,この王朝はアフガン系である。バフルール・ローディーBahlūl Lodī(在位1451‐89),シカンダル・ローディーSikandar Lodī(在位1489‐1517),イブラーヒーム・ローディーIbrāhīm Lodī(在位1517‐26)の3代75年間で王朝は滅びたが,パーニーパットの戦でこの王朝を破ったムガル帝国との関連では,デリー・サルタナットムスリム支配を継承する重要な役割をもっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローディー朝
ろーでぃーちょう
LodiLdh

インドのデリー・サルタナット最後の王朝(1451~1526)。デリー・サルタナット五王朝のなかでこの王朝だけがアフガン系である。バハロール・シャーBahll Shh(在位1451~89)がサイイド朝を倒して創設した。第2代シカンダル・シャー(在位1489~1517)の治世にはガンジス中流域のジョウンプル王国と対決してこれを破り、王朝権力を安定させた。彼の治世には、首都は一時デリー南方のアグラにも置かれた。この王朝はアフガン諸部族の勢力均衡のうえに成り立つ権力であっただけに、君主権がつねに貴族勢力と対抗し、そのために支配層に内紛が絶えず、施政内容にみるべき改革はない。第3代スルタンのイブラーヒーム・シャー(在位1517~26)の治世に、その内紛に巧みにつけこんだバーブル指揮のムガル勢力に敗れ、1526年に滅んだ。デリー周辺には今日なお、この王朝の支配層が建てた大小の墓やモスクなどの建造物が数多く残っている。[荒 松雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のローディー朝の言及

【デリー・サルタナット】より

…デリーに都を置き,ムスリムの君主(スルタン)が支配したため,この名称で呼ばれ,デリー・スルタン朝,デリー諸王朝とも総称される。普通,歴史的には奴隷王朝(1206‐90)に始まり,ハルジー朝(1290‐1320),トゥグルク朝(1320‐1413),サイイド朝(1414‐51),ローディー朝(1451‐1526)までの5王朝,320年間を指していうが,その語の意義上からは,スール朝(1538‐55),ムガル帝国(1526‐38,1555‐1858)までも含んでよい。 前述の5王朝についていえば,最後のローディー朝のみがアフガン系の君主で,他の4王朝の君主はすべてトルコ系である。…

※「ローディー朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone