コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローデ ローデ Rode, Helge

3件 の用語解説(ローデの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローデ
ローデ
Rode, Helge

[生]1870.10.16. コペンハーゲン
[没]1937.3.23. フレデリックスボル
デンマークの詩人。 19世紀末からヨルゲンセンらを中心に興った象徴派の一人。ヨルゲンセンが信仰に入っていったのに対し,彼は最後までヒューマニズムの立場を守り,イギリスシェリーを思わせる詩を書き,また第1次世界大戦に際しては精神の復興を強調して盛んな評論活動を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ローデ【Erwin Rohde】

1845‐98
ドイツの古典学者。ハンブルクの出身だが,F.リッチュルを慕ってライプチヒ大学に進んだ。ここで同窓のニーチェと親交を結び,《悲劇の誕生》をめぐる論争ではウィラモーウィツ・メレンドルフに対抗してニーチェを擁護する論陣を張った。その後ドイツ各地の大学講師などを経て,1886年からハイデルベルク大学教授になった。ニーチェに触発され,晩年の著作《プシュケー》(1890‐94)で原初的な霊魂崇拝の信仰とホメロス叙事詩の神話世界との間の隔りを検討し,古代ギリシア宗教の深層を追究したことは広く知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ローデ【Erwin Rohde】

1845~1898) ドイツの古典文献学者。ニーチェの友人で古代ギリシャ宗教史の権威。主著「ギリシア人のプシュケー、霊魂崇拝、永生信仰」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローデの関連キーワードタンネンベルクの戦いマクデブルクの半球ハンバーグマリエンブルクマリエンブルク城エーデンブルクハンブルク交響楽団ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団ハンブルク・バレエ団マイスター・ベルトラム

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ローデの関連情報