コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローマ暦 ローマれき Roman calendar

翻訳|Roman calendar

3件 の用語解説(ローマ暦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローマ暦
ローマれき
Roman calendar

前8世紀後半にロムルス王が制定し,その後ヌマ王 (→ヌマ・ポンピリウス ) によって改められたとされる暦。最初は1年を 10ヵ月に分け,1月 (マルティウス) ,3月,5月,8月の4ヵ月を 31日の月,2月,4月,6月,7月,9月,10月 (デセンベル) の6ヵ月を 30日の月とし,1年を 304日と定めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ローマ暦【ローマれき】

最も古いローマ暦の1年は,マルティウス(現行3月)〜デケンベル(12月)まで10ヵ月,304日と,暦に属さない数十日からなっていた。前700年ごろデケンベルの後にヤヌアリウス(1月),フェブルアリウス(2月)が加えられ,12ヵ月,355日の太陰暦になった。
→関連項目改暦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローマ暦
ろーまれき

古代ローマで行われた暦。その形式は現代のグレゴリオ暦に取り入れられている。紀元前8世紀ごろ(ロムルス王の時代という)のローマの暦は、30日または31日からなる月を10か月で1年とし、304日であり、太陰暦とも太陽暦とも区別のつかない暦であった。その後、ヌマ王の時代に第11月(29日)と第12月(28日)を加えるとともに、30日であった月の日数を29日に改め、1年355日とした。そして暦を季節にあわせるために、2年ごとに22日または23日の閏(うるう)月(メルケドニウスとよぶ)を、第12月の途中、23日の次に挿入した。このような複雑な方法をとったのは、ローマ暦では毎月1日をカレンデとよび、一方、第12月の23日がテルミナリアという祭日にあたり、第12月14日以降22日までを「テルミナ前幾日」と数え、24日以降は「マルチウス(第1月の名)のカレンデ前幾日」と数える習慣があり、24日以後の5日間は翌年に属するという感じをもっていたためである。ローマ暦は、その形式がユリウス暦に、ついでグレゴリオ暦にも継承された。[渡辺敏夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のローマ暦の言及

【暦】より

…G.J.カエサルがエジプトを征服したころはローマでは太陰太陽暦が用いられていた。このローマ暦は平年を355日,閏(うるう)年を377日,または378日として,22日または23日の閏日をフェブルアリウス月(現在の2月)の22日と23日の間に挿入した。現在でも閏年の余分の1日を2月に入れるのはローマ暦の習慣のなごりである。…

※「ローマ暦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ローマ暦の関連キーワードクニドスサビニ人ペルシア帝国律令摂関時代ロムルスラージプート族レムスロムの日奈良県奈良市山陵町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone