コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローンボウルズ ローンボウルズlawn bowls

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローンボウルズ
lawn bowls

芝生のコートでボールを転がし,「ジャック」と呼ばれる停止した白色のボールにできるだけ接近させて止め,その距離を競うゲームボウルズ,オン・ザ・グリーンともいう。イギリススコットランドで生まれたスポーツで,ボウリングの一種。ボールは直径 12~14.5cm,重さ最大 1.5kgの木製あるいは合成樹脂製。左右のバランスを変えてつくられた偏心球で,転がる際に大きく弧を描くため,ボウラーは球道を予測しておく必要がある。標的となるジャックは直径 6.3cm,重さ 0.2~0.3kgである。競技種目はシングルス,ダブルス,トリプルス,フォアーズの4種目がある。イギリス連邦諸国で特に盛ん。国際的な統轄団体は 1905年創立の国際ボウリング委員会 (IBB。のちに世界ボウルズ委員会 WBBと改称) で,1986年に設立された日本ローンボウルズ連盟も加入している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ローンボウルズ

オーストラリア、ニュージーランドなど、世界に200万人以上の愛好者がいる。日本の競技人口は4千〜5千人。14世紀の英国では、兵士が夢中になり過ぎて禁止令が出たほどだ。昭和記念公園立川市昭島市)では、毎月第3日曜日に無料体験教室が開かれる。

(2014-10-13 朝日新聞 朝刊 東京西部・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ローンボウルズ

芝生の上に置いたジャックという目標球にボール(ボウルという)を転がし,ジャックにいかに近づくかを競うゲーム。ボウリングなどと同系で,13世紀の英国で行われた記録がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ローンボウルズ【lawn bowls】

芝生(グリーンともいう)の上で標的をめがけてボールをころがす競技。ボウリングなどと同系のゲームで,起源はきわめて古く,13世紀にはイギリスで行われていたという記録が残っている。たんにボウルズということも多く,用いるボールをボウルという。グリーンは40ヤード(36.6m)四方で,周囲に深さ2インチ(5cm)の溝を設け,さらにその外側は低い壁で囲う。ゲームはシングルスから4人対4人まであり,コインなどの表裏先攻を決める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ローンボウルズの関連キーワードコモンウェルスゲームズオーストラリア

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ローンボウルズの関連情報