コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワタアブラムシ Aphis gossypii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワタアブラムシ
Aphis gossypii

半翅目同翅亜目アブラムシ科。体長 1.5mm内外。体色は淡黄,黄緑,濃緑,黒色など変化に富む。触角は黒色で6節から成り,有翅胎生雌では第3節に4~8個の感覚板が1列に並ぶ。翅は透明。腹部両側にはそれぞれ4個の小黒色斑がある。多食性でワタ,フヨウ,ムクゲなどに冬季寄生し,春夏は他に移動する。ウリ,ナスなどの害虫としても知られる。世界各地に産する。 (→アブラムシ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ワタアブラムシ【Aphis gossypii】

半翅目アブラムシ科の昆虫で,体長1~2mm,体色は黄緑色,暗青緑色,淡黄色と変化に富む。〈ワタのアブラムシ〉という意味の学名をもち,和名の由来もここにある。しかし寄主となる植物はワタのほか多岐にわたり,野菜,果物,花卉栽培における害虫として著名である。このように寄主範囲の広い種類はアブラムシ全体からみれば少数であるが,モモアカアブラムシ,ジャガイモヒゲナガアブラムシ,ユキヤナギアブラムシなどのように,農作物の重要な害虫となっているものが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワタアブラムシ
わたあぶらむし / 綿
[学]Aphis gossypii

昆虫綱半翅(はんし)目同翅亜目アブラムシ科Aphididaeに属する昆虫。体長1.0~1.2ミリ。無翅胎生雌は黒色、黒褐色、青緑色、淡緑色、黄色と体色はさまざまで、光沢はない。触角は六節からなり、第三節はとくに長い。角状管は短円筒形で先端は細い。ムクゲ、ツルウメモドキの樹上で卵越冬し、春季からジャガイモ、ナス、キュウリ、ユリ、キクなどに寄生し、11月ごろにムクゲやワタ上で有性生殖をする。世界中に分布。園芸植物の大害虫で、コロニーは大きい。おもに地表近くの下葉の裏に寄生する。[林 正美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ワタアブラムシの関連キーワードリンゴワタムシ塩膚木五倍子蔓猫古都蚜虫蚊母樹五倍子甘蔗綿蚜虫ツヤコバチ油虫・蚜虫ユキムシ竹角蚜虫林檎綿虫樫円蚜虫梨綿虫綿虫

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android