コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワットポー ワットポーWat Pho

世界の観光地名がわかる事典の解説

ワットポー【ワットポー】
Wat Pho

タイの首都バンコクのプラナコーン区にある、バンコクで最も歴史が古いとされている寺院。◇正式名称は「ワットプラチェートゥポンウィモンマンカラーラーム=ラーチャウォーラマハーウィハーン」。全長50m弱の金箔で覆われた涅槃仏(ねはんぶつ)(寝釈迦仏)があることから、「涅槃寺」、あるいは「涅槃仏寺」とも呼ばれている。寺院の建物は中国とタイ文化の混合様式。本尊は金箔が施されたブロンズの仏像で、その台座にはラーマ1世遺骨が納められている。ここはタイ初の大学が置かれた寺院で、タイ医学の伝統を継承するタイマッサージ学校が残っている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ワット‐ポー(Wat Pho)

タイの首都バンコクの中心部にある仏教寺院。ワットプラケオおよび王宮の北側に位置する。1788年、ラーマ1世により建立。本堂には長さ46メートル、高さ15メートルの巨大な寝釈迦仏があることで有名。周囲に歴代の王の遺骨を納めた仏塔がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ワットポーの関連キーワードバッタンバンバタンバン歩りえこ片岡燦平

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワットポーの関連情報