ワディハルファ(英語表記)WādīHalfā'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワディハルファ
WādīHalfā'

スーダンの北端,シャマーリーヤ州に位置し,エジプトと国境を接してナイル川東岸にあった人口1万余の都市。北上する鉄道や船舶航行の終点でもあり,この地方の農業,商業の中心地でもあったが,アスワン・ハイダムの完成に伴うナイル川の水位上昇に伴って水没。ナイル川をへだてて市の対岸にあった古代ヌビア文明の遺跡も,可能なものは移転,住民の大部分は水没圏外に造成されたカッサラー州のニューハルファに移住。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android