コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワディハルファ WādīHalfā'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワディハルファ
WādīHalfā'

スーダンの北端,シャマーリーヤ州に位置し,エジプトと国境を接してナイル川東岸にあった人口1万余の都市。北上する鉄道や船舶航行の終点でもあり,この地方の農業,商業の中心地でもあったが,アスワン・ハイダムの完成に伴うナイル川の水位上昇に伴って水没。ナイル川をへだてて市の対岸にあった古代ヌビア文明の遺跡も,可能なものは移転,住民の大部分は水没圏外に造成されたカッサラー州のニューハルファに移住。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ワディ‐ハルファ(Wadi Halfa)

スーダン北部の都市。エジプトとの国境に位置し、ナイル川ナセル湖に面する。アスワンハイダム建設で町の大部分が移転した。アスワンなどのエジプトの諸都市とナイル川の航路で、また、首都ハルツームと鉄道で結ばれ、物流の拠点となっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ワディハルファの関連キーワードナイル川瀑流ヌビア砂漠アトバラセムナ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android