コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

査証 さしょうvisa

翻訳|visa

知恵蔵の解説

査証

ビザ」のページをご覧ください。

査証

旅券」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

さ‐しょう【査証】

[名](スル)
調査して証明を与えること。
ビザ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

査証【さしょう】

ビザvisaの訳。外国旅行の際の旅券パスポート)には,旅券所持人が正当な理由と資格があって旅行する旨の裏書証明が必要である。この証明が査証で行先国の官憲(通常は領事)が行う(旅券法21条)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

さしょう【査証】

( 名 ) スル
調べて証明すること。
ビザ(visa) に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

査証
さしょう
visa

外国への入国に際して必要とされる証印。一般にビザと呼ばれる。旅券を検査してその旅券が正式かつ有効なものであることの確認と,その人物の入国と滞在を認めてもさしつかえないことを旅券の裏書きによって証明するもので,入国先の領事館などが行う。査証は入国の許可ではなく,入国するための要件の一つとされているにすぎない。最近は国家間の人の交流の活発化に伴い,短期滞在者について相互主義のもと査証を免除する取扱いが各国で広く行われるようになってきている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

査証
さしょう
visa

入国事前許可証のこと。個人が外国に旅行する場合には旅券を携行する必要があるが、旅券だけで外国に入国できるわけではなく、あらかじめ入国しようとする国の領事から、入国のための査証(ビザ)をもらっておく必要がある場合がある。もし、出発地国内に目的国の領事館(または大使館領事部)がなければ、それがある第三国で手続をとる。査証には、1回限り有効なもの、2回有効なもの、一定期間内は何回でも有効なもの、などがある。
 査証は、通常、旅券と査証申請書を提出し、査証料を支払って、旅券の査証欄に必要事項の記入と領事の署名捺印(なついん)がなされるが、査証免除や査証料免除の協定が結ばれている場合は不要である。ヨーロッパのシェンゲン協定領域をはじめ、友好国間では、観光や短期滞在の場合査証は不要とされるようになったが、商業目的や長期滞在の場合は必要である。
 査証は入国審査の前提であり、入国許可自体ではなく、入国許可は、出入国港(空港)到着後、審査のうえ与えられる。[宮崎繁樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の査証の言及

【プノンペン】より

…カンボジアの首都。人口92万(1994)。メコン河口から約300km遡航した自然堤防上の河岸に開けた都市で,港は2500トンまでの船が横づけできる。プノンペンとはカンボジア語で〈ペンの丘〉を意味する。《王朝年代記》によれば,洪水のときに上流から仏像4体が流れつき,敬虔なペンという名の夫人がこの仏像を小さな丘の東斜面に安置したという。これが〈ペン夫人の丘の寺院〉説話で,プノンペン発祥伝説のもととなった。…

※「査証」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

査証の関連キーワードビジット・ジャパン・キャンペーン東南アジア5カ国のビザ緩和US‐VISITプログラムワーキング・ホリデー制度電子渡航認証システム中国駐名古屋総領事館ヤン ルーバッシュ土肥原=秦徳純協定ワーキングホリデー北方四島交流事業米国の新大統領令シェンゲン協定I‐20ABトランジット乗員上陸許可事前認証制度ビザ(査証)国連本部協定タイ人と日本ビザなし渡航

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

査証の関連情報