コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワーク わーくwork

翻訳|work

知恵蔵の解説

ワーク

仕事着や作業着要素を取り入れたスタイル。丈夫な素材を用い、道具工具を入れるパッチポケットなどが付いた機能的なデザインが特徴。ワークパンツつなぎジャンパーなどがある。近年のデザイナーズ・コレクションでも、エレガントな上着にワーク風パンツを組み合わせる着こなしが、数多く登場している。

(上間常正 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

ワーク(work)

仕事。作業。また、勉強。研究。「チームワーク」「ライフワーク

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

ワーク

アメリカのポピュラー音楽作曲家、雑誌編集者、印刷家。1876年、〈おじいさんの時計(大きな古時計) Grandfather's Clock〉を作曲。伝えられるところによれば、この楽譜は80万部以上の売 ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について 情報

大辞林 第三版の解説

ワーク【work】

仕事。労働。研究。多く、他の外来語と複合して用いられる。 「オーバー-」 「ライフ-」 「コーナー--」 「チーム--」
ワークブックの略。

ワーク【WARC】

〖World Administrative Radio Conference〗
世界無線通信主管庁会議。国際電気通信連合(ITU)の WRC(世界無線通信会議)の前身。 → WRC

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のワークの言及

【グルジェフ】より

…1912年からロシアで自身の秘教組織を構築し,20年代にはヨーロッパに渡って名を知られる存在となった。彼の教義は,人間を束縛する古い思考と感情を投げ捨てて高次の霊的自由を達成しようとするもので,それを実現するために〈ワークwork〉と呼ばれるシステムを提示した。重力と陋習(ろうしゆう)から肉体と精神を解放していく行法が含まれ,全体として今日の精神医学にいう集団療法,芸術療法を加えた西洋的禅が目ざされた。…

※「ワーク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ワークの関連キーワードリッチモンド(Mary Ellen Richmond)アプリケーション開発フレームワークグラフィックスワークステーションサン・マイクロシステムズ[会社]グラフィックワークステーションnight businessビジュアルワークステーションremote workingワークグループネットワークソーシャル・グループワークコンピューターモニタリングソーシャル・ケースワークM.エレン リッチモンドinside workwork shareロバート ボスナックワークシュアリングフレームワーク思考カウンタートップファイバーアート

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワークの関連情報