コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワーテルローの戦い ワーテルローのたたかい

大辞林 第三版の解説

ワーテルローのたたかい【ワーテルローの戦い】

1815年ワーテルローでイギリス・プロイセン軍が百日天下を樹立したナポレオン一世のフランス軍を破った戦い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワーテルローの戦い
わーてるろーのたたかい

1815年6月に行われた、ナポレオン1世の運命を決した宿命的な戦争。ナポレオンのエルバ島脱出を聞くや、ウィーン会議に列席中の連合軍首脳は、ウェリントン麾下(きか)のイギリス軍約9万5000とブリュッヒャー麾下のプロイセン軍約12万、計20余万の兵力でベルギーのブリュッセル南東方のワーテルロー付近に陣し、ナポレオンのフランス軍約12万5000と対峙(たいじ)した。ナポレオンは6月16日、プロイセン軍を討って退却せしめたが、18日イギリス軍を攻撃して激戦中、プロイセン軍の不意の来援に戦線を切り崩され、4万の戦死者を出して総退却の憂き目をみた。フランスに帰ったナポレオンは議会に対し、軍の再建と復讐(ふくしゅう)戦の準備を要求したが、いれられず、退位を余儀なくされ、百日天下に終止符を打った。[金澤 誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ワーテルローの戦いの関連キーワードウェリントン(Arthur Wellesley 1st Duke of Wellington)カルノー(Lazare Nicolas Marguerite Carnot)ナポレオン戦争史(年表)ウェリントン(公)イギリス史(年表)フランス史(年表)ナポレオン(1世)アイアン・デュークアングルシー(侯)ロスチャイルド家ライオン像の丘ナポレオン戦争ブリュッヒャーレ・ミゼラブルベックウィズワーテルローグナイゼナウティールマン対仏大同盟ブールモン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワーテルローの戦いの関連情報