ヴェーダ(読み)ヴぇーだ

占い用語集「ヴェーダ」の解説

ヴェーダ

サンスクリット語で「知識」という意味で、紀元前1000年頃から紀元前500年頃にかけてインドで編簒された一連の宗教文書の総称。口述や議論などを経て、後世になって書き留められて記録された。広義でのヴェーダは、サンヒター(本集)、ブラーフマナ(祭儀書、焚書)、アーラニヤカ森林書)、ウバニシャッド(奥義書)の4部に分類される。

出典 占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について 情報

旺文社世界史事典 三訂版「ヴェーダ」の解説

ヴェーダ
Veda

古代インドのバラモン教の経典
本来,「ヴェーダ」とは「知識」の意。成立年代順に『リグ−ヴェーダ』『サーマ−ヴェーダ』『ヤジュル−ヴェーダ』『アタルヴァ−ヴェーダ』の4つがある。さらに各ヴェーダに付属して『ブラーフマナ(梵 (ぼん) 書)』『アーラニヤカ(森林での祈禱書)』『ウパニシャッド(奥義書)』が作られた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉「ヴェーダ」の解説

ヴェーダ(〈梵〉Veda)

ベーダ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android