コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一乗谷朝倉氏遺跡 いちじょうだにあさくらしいせき

百科事典マイペディアの解説

一乗谷朝倉氏遺跡【いちじょうだにあさくらしいせき】

一乗谷

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

国指定史跡ガイドの解説

いちじょうだにあさくらしいせき【一乗谷朝倉氏遺跡】


福井県福井市城戸ノ内町にある戦国時代の城館跡。福井市街の東南約10km、足羽(あすわ)川支流の一乗谷川沿いの細長い谷あいにある、越前国の守護大名朝倉氏の本拠地で、1471年(文明3)から103年間、越前の中心として栄えた。土塁と堀に囲まれた朝倉館を中心に、谷の南北に城戸を設けてその内側を城下町とし、館の東側背後の山に一乗谷城が築かれた。京や奈良の貴族・僧侶などの文化人がたびたび下向し、京文化を取り入れて北陸の小京都とも呼ばれたが、1573年(天正1)、天下取りに乗り出した織田信長によって滅ぼされ、城下町も灰燼(かいじん)と帰した。一乗谷川沿いの平地には朝倉館跡のほか、湯殿跡庭園、中の御殿跡、諏訪館跡庭園、南陽寺跡庭園、町屋群、武家屋敷などがみられ、山間部には砦(とりで)・櫓(やぐら)などの跡がある。1971年(昭和46)に国の特別史跡に指定され、1991年(平成3)には4ヵ所の庭園が特別名勝に、2007年(平成19)には陶磁器をはじめとする出土品が重要文化財になった。一乗谷朝倉氏遺跡資料館は、160万点に及ぶ遺物の中から武具や茶道具・建築部材・食膳具などの生活用品を展示し、遺跡の模型を使ってわかりやすく展示している。JR越美北線一乗谷駅から徒歩約30分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

世界大百科事典内の一乗谷朝倉氏遺跡の言及

【一乗谷】より

…福井県福井市街の南東約10kmにある足羽(あすわ)川支流一乗谷川の狭長な谷。1471年(文明3)朝倉敏景が父祖以来の坂南郡三宅黒丸(現,福井市北郊)を捨ててここに築城してから,1573年(天正1)義景が織田信長に滅ぼされるまで,越前守護朝倉氏5代の本拠地であり,戦国期の重要遺構として,両側の山地を含む地域が1971年特別史跡〈一乗谷朝倉氏遺跡〉に指定された。1967年以来の発掘により義景居館,庭園(南陽寺,湯殿,諏訪館。…

※「一乗谷朝倉氏遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一乗谷朝倉氏遺跡の関連キーワード福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館勝尾城筑紫氏遺跡朝倉ゆめまる福井(市)一乗谷城跡一乗谷城一乗滝福井

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一乗谷朝倉氏遺跡の関連情報