一切経(読み)いっさいきょう

精選版 日本国語大辞典の解説

いっさい‐きょう ‥キャウ【一切経】

〘名〙 経・律・論の三蔵その他、釈疏を含む経典の総称。大蔵経。
※書紀(720)白雉二年一二月(北野本訓)「僧(ほうし)(あま)を請(ま)せて一切経(イッサイキャウ)読ませ使(し)む」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の一切経の言及

【大蔵経】より

…仏教聖典を総集したもの。〈一切経(いつさいきよう)〉〈三蔵(さんぞう)〉とも呼ぶ。元来,〈大蔵経〉の呼称は漢訳の〈三蔵〉に若干の中国人の撰述書を加えたものを指したが,現在ではその他の国語によるものも広く総称する。…

※「一切経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一切経の関連情報