コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詩人玉屑 しじんぎょくせつ Shi-ren yu-xie

3件 の用語解説(詩人玉屑の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

詩人玉屑
しじんぎょくせつ
Shi-ren yu-xie

中国の詩話集。南宋の魏慶之の編。 20巻。詩弁,詩法など 56の項目を設け,主として南宋の諸家の詩に関する評論を抜粋して,配列したもの。日本でも,室町時代から江戸時代初期にかけて,漢詩人たちに作詩の指針として広く読まれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しじんぎょくせつ【詩人玉屑】

漢詩論。魏慶之(ぎけいし)撰。中国宋代の成立。20巻本また21巻本がある。漢詩の本質・技法・用語,古代から宋代に至るまでの詩史など,詩を学ぶ者が心得ておくべきことがらについて,既存の詩論書から適当な部分を抄出し,編集した書。日本では五山版のあと江戸初期にも出版され,多くの詩論書の重要部分が抜粋されている点が便利なので広く行われた。石川丈山などの江戸初期の漢詩人から,さらには蕉風の俳論にまで影響を与えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

詩人玉屑
しじんぎょくせつ

中国、南宋(なんそう)末の魏慶之(ぎけいし)が編纂(へんさん)した詩学書。21巻。詩の格律、修辞など作詩の理論、および『詩経』から宋(そう)に至る歴代の詩あるいは詩人についての論評、逸話などを、広く諸書から集めて項目別に分類する。掲載の各条は出典が注記されており、大部分は南宋人の著述である。ほぼ同時期の胡仔(こし)の『渓漁隠叢話(ちょうけいぎょいんそうわ)』とともに、宋代詩話の代表的な書物として読まれてきた。中国に伝わる明(みん)刊本は二十巻本で欠落があるが、日本で刊行された二十一巻本がもとの宋本の内容を伝えている。寛永(かんえい)年間(1624~44)の刊本が一般に通行し、1957年には中国でそれに基づく活字本が出版された。[佐藤 保]
『『和刻本漢籍随筆集17 詩人玉屑』(1977・汲古書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の詩人玉屑の言及

【詩話】より

… 詩話にはさまざまの形態が生まれた。まず,著と編に分けるならば,《六一居士詩話》を始めとする純然たる自著がもとより多数であるが,詩人・文人が詩について語ったことばを,その著作から第三者が抜粋,編集したもの,たとえば元代の陳秀民の手に成る《東坡詩話》,さらに過去のさまざまの詩話の内容を,みずからの意図するところに従って集成改編した場合として,南宋初に胡仔(こし)の《漁隠叢話》前集60巻・後集40巻があり,南宋末には魏慶之の《詩人玉屑(ぎよくせつ)》21巻がある。つぎに,時間的と空間的とに分けるならば,ある一時代の作品・作者に話題を限定したものとして,宋の計有功の《唐詩紀事》81巻,清の厲鶚(れいがく)・馬曰琯(ばえつかん)共編の《宋詩紀事》100巻がある。…

※「詩人玉屑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

詩人玉屑の関連キーワード唐目偽計這般程子東坡欺計中国・宋代の禅の公案集鈴木義敬友淵宜卿魏慶之

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone