コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十把一絡げ ジッパヒトカラゲ

デジタル大辞泉の解説

じっぱ‐ひとからげ【十把一絡げ】

いろいろな種類のものを、区別なしにひとまとめにして扱うこと。また、一つ一つ取り上げるほどの価値がないものとしてひとまとめに扱うこと。「十把一絡げにして考える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じっぱひとからげ【十把一絡げ】

いろいろなものを雑然とひとまとめにすること。一つ一つ取り上げるほどのことはないとして、まとめて扱うこと。

じゅっぱひとからげ【十把一絡げ】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十把一絡げの関連情報