一斑を見て全豹を知る(読み)いっぱんをみてぜんぴょうをしる

故事成語を知る辞典「一斑を見て全豹を知る」の解説

一斑を見て全豹を知る

ものごとの一部を見て、全体を推しはかることのたとえ。

[使用例] この主人の固辞して曰く、野菜ならばもらってもよい。以て全豹を推すべし[太宰治*花吹雪|1943]

[由来] 「世説新語―方正」の次のようなエピソードから。四世紀の中国、とうしん王朝の時代の書家おうけんが、まだ子どもだったころのこと。あるとき、大人たちがちょサイコロを使うゲーム)をしているのを見て、片方の者に「形勢が悪いね」と話かけました。すると、その者は、「坊ちゃんは『かんちゅうよりうかがいて、時に一斑を見る(管を通してヒョウをのぞき見て、毛皮の模様の一つが目に入っているようなもので、全体の形勢が見えていないのですよ)』」と、子ども扱いにしました。プライドを傷つけられた王献之は、怒って立ち去ったということです。

〔異形〕一斑以て全豹を推す。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

ことわざを知る辞典「一斑を見て全豹を知る」の解説

一斑を見て全豹を知る

皮の一斑を見てヒョウであること、またどのようなヒョウかを推知する。物事の一部を見て、全体を推しはかることのたとえ。「一斑」は全体のうちの一部分のこと。

[使用例] 一斑をもって全豹を推すことは出来ない。すべて大体から着眼しなければならぬ[徳富蘆花*黒潮|1902~05]

[解説] 「晋書―王献之伝」にある「此郎また管中よりうかがい、時に一斑を見る」によることば。

〔異形〕一斑を見て全豹をぼくす/一斑を見て全豹を評す

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「一斑を見て全豹を知る」の解説

いっぱん【一斑】 を 見(み)て全豹(ぜんぴょう)を=知(し)る[=卜(ぼく)す・評(ひょう)す]

豹の皮の一斑を見て、豹であることを推知することから、物事の一部を見て、全体を推しはかることをたとえていう。
※黒潮(1902‐05)〈徳富蘆花〉一「一斑(イッパン)をもって全豹(ゼンベウ)を推す事は出来ない。総て大体から着眼しなければならぬ」 〔晉書‐王献之伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android