一斑(読み)イッパン

デジタル大辞泉の解説

ヒョウ毛皮にあるたくさんのまだら模様のうちの一つの意から》全体からみてわずかな部分。一部分。「研究の一斑を披瀝(ひれき)する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (豹(ひょう)の全身のうちの、一つの斑(まだら)の意から) 全体のうちの一部分。一班。
※日本詩史(1771)四「雖全豹、亦可天受之一斑
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉三「此鼻に就て研究した事が御座いますから、其一斑を披瀝(ひれき)して」 〔蘇軾‐又贈老謙詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一斑の関連情報