コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一斑 イッパン

デジタル大辞泉の解説

いっ‐ぱん【一斑】

《ヒョウの毛皮にあるたくさんのまだら模様のうちの一つの意から》全体からみてわずかな部分。一部分。「研究の一斑を披瀝(ひれき)する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっぱん【一斑】

〔豹ひようの皮の一つのまだらの意から〕
一部分。 「考えの-を述べたにすぎない」 「寒月君の性行の-を御承知になりたいといふ訳でせう/吾輩は猫である 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一斑の関連キーワードブッセ(Ludwig Busse)一斑を見て全豹を卜すナショナル・シアター吾輩は猫である小野塚喜平次ジャガタラ文内田 魯庵嘉納治五郎松原新之助塚越 停春植村 正久山崎覚次郎ローレッツ石英斑岩河野常吉成島柳北アーロン植村正久ケルビン村松果卿

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android