妙法華寺(読み)ミョウホッケジ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

妙法華寺
みょうほっけじ

静岡県三島(みしま)市玉沢(たまざわ)にある日蓮(にちれん)宗本山。経王(きょうおう)山と号する。本尊は十界曼荼羅(じっかいまんだら)。1284年(弘安7)六老僧の1人、日昭(にっしょう)によって鎌倉に建立され(弘延山法華寺)、その後、越後(えちご)(妙法寺)、伊豆加殿(いずかどの)(妙国寺)に移り、1621年(元和7)現在の地に移転した。移転については養珠院お万の方(徳川家康側室)らの支援を受けた。寺宝の絹本着色日蓮上人(しょうにん)像(説法図)、絹本着色十界勧請(かんじょう)大曼荼羅(絵曼荼羅)、日蓮自注『注法華経(ほけきょう)』10巻、日蓮筆『撰時(せんじ)抄』五巻が国重要文化財に指定されている。学僧を輩出し、玉沢(たまざわ)学派、境師(きょうし)門流とよばれた。[田村晃祐]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android