一粒万倍(読み)イチリュウマンバイ

  • いちりゅうまんばい イチリフ‥
  • いちりゅうまんばい〔イチリフ〕

デジタル大辞泉の解説

《「報恩経」四から。一の種が万倍となって稲穂のように実るという
わずかなものが非常に大きく成長することのたとえ。また、少しでも粗末にできないという気持ちをも表す。
「―の成功」〈魯文安愚楽鍋
別名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

報恩経による。ひとつぶのもみをまけば万倍の米になるの意
小さな物事が伸びて大きくなることのたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「報恩経‐四」の「世間求利、莫田者、種一万倍」から)
① 一粒の種子をまけば、その万倍もの粒となる意。わずかなものから非常に多くの益をあげることのたとえ。また、少しのものも粗末にしてはいけないことにいったり、もったいない気持を表わしたりするのにいう。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※歌舞伎・夢結蝶鳥追(雪駄直)(1856)二幕「『おととととと、こぼれるわえ、一粒万倍万倍』とこぼれし酒を額へつけ」
② 「いね(稲)」の異名。〔語彙(1871‐84)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

一粒の種子をまけば、その万倍もの粒となること。わずかなものから非常に多くのをあげることのたとえ。また、少しのものも粗末にしてはいけないことにいったり、もったいない気持ちを表したりするのにいう。また、稲の異名。

[使用例] 豊作には一粒万倍、手習いには一字千金[尾崎紅葉*二人女房|1891~92]

[解説] 元来は、仏教で、たった一つの善根から多くの報いを得るという意味。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android