一頭地を抜く(読み)イットウチヲヌク

  • =擢(ぬきん)ず・出(いだ)す
  • いっとうち
  • を=抜(ぬ)く
  • 一頭(いっとう)地(ち)を抜(ぬ)・く
  • 一頭地

大辞林 第三版の解説

宋史蘇軾伝より
多くの中で一段と優れている。傑出する。一頭地を出いだす。 同輩の中で-・く俊秀

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

多くの人よりも一段とすぐれている。
※無刊記刊本碧巖鈔(1620‐40頃)三「独雲門を推上げて一頭地出いて云也」
※渋江抽斎(1916)〈森鴎外〉五〇「弘前は遂に東北諸藩の間に於て一頭地(いっトウチ)を抜(ヌ)いて起つことが出来なかった」 〔宋史‐蘇軾伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

ほかの多くのものより、一段とすぐれていること。

[使用例] タバランというのはパリでは一頭地を抜いて優秀な踊場を兼ねたレビュー館である[横光利一旅愁|1937~46]

[由来] 一一世紀の中国、北宋王朝の時代の文人おうしょうしゅうの文章から。そのとき、五〇歳ぐらいだった欧陽脩は、若手の文人、しょくの文章を読んで、「私のような年寄りは道を譲って、この人が『一頭地をだす(頭一つほど高く抜け出す)』ようにすべきだ」と、絶賛しています。欧陽脩の目に狂いはなく、蘇軾は後に、中国を代表する文人の一人となったのでした。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一頭地を抜くの関連情報