コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一﨟 いちろう

1件 の用語解説(一﨟の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いちろう【一﨟】

仕官人の年功を数える語で,最長老を一﨟という。六位蔵人の首席,鎌倉幕府の当番人の筆頭などを一﨟と呼んだが,転じて年功を積んで長老となった者をさす(たとえば,〈大人(おとな)〉の項目を参照)。 芸能の分野では,雅楽の舞楽や東遊(あずまあそび)などの舞人(まいにん),それに仏教の法会に出仕する職衆(しきしゆう)の中で,もっとも上位の役をいう。2人以上の舞人が奏舞し,また,導師以外に数人あるいはそれ以上の職衆が出仕する場合には,1人ずつの序列が決められ,上位から順に一﨟,二﨟,三﨟,……と称する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の一﨟の言及

【年寄】より

…また室町時代,江戸時代を通じて宮座,商工業の座,株仲間の重役も年寄と称されており,江戸時代の村落でも庄屋や名主(なぬし)を補佐する役人を村年寄といい,都市の行政単位である町内の行政を担当し,支配機構の末端をになう役人を町(ちよう)年寄と称した。宮座の年寄も老人,宿老と同義語で,若衆,中老などの年齢階梯を通過したものが,最終の年齢集団の年寄衆(老人)に入り,加入順に一老(いちろう)(一﨟(いちろう),一和尉(いちわじよう),一和尚(いちわじよう)),二老,三老などと称され,一老を勤仕したあと年寄から引退する。室町時代の宮座の年寄は村の年寄と一致するが,江戸時代になると宮座の年寄が村の年寄と一致しないのが一般的な形態である。…

【宮座】より

…座衆は年齢により若衆,中老,おとなに区分されることが多い。おとな衆はさらに﨟次により一﨟,二﨟,三﨟とか,一和尚,二和尚などと呼ばれ,その一﨟が座の責任者となる。祭事の執行にあたる神主には,一﨟がなる場合とおとな衆が1年交代でつとめる一年神主(いちねんかんぬし),年番神主の場合とがある。…

※「一﨟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

一﨟の関連キーワード死児の齢を数える死んだ子の年を数える隣の宝を数える鼻毛を数える一臘数える上﨟人の宝を数える

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone