コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丁零 ていれい Ding-ling; Ting-ling

3件 の用語解説(丁零の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丁零
ていれい
Ding-ling; Ting-ling

前3世紀からモンゴルに現れたチュルク系の遊牧民族。丁零はチュルク Türkの音訳であろう。最初匈奴の北に拠り,その支配下にあったが,匈奴が衰えるとこれを攻撃,一部は南下した。のちモンゴル南部に興った鮮卑と対立し,その後興った柔然に支配されたが,5世紀末独立して天山地方に移り,高車国を建てた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ていれい【丁零/丁令/丁霊】

前3世紀から後5世紀、モンゴル高原に遊牧したトルコ系民族。匈奴(きょうど)に服属していたが、のちに独立してこれを攻めた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丁零
ていれい

紀元前3世紀~後5世紀にモンゴル高原に遊牧していたトルコ(チュルク)系民族。丁令、丁霊とも書かれる。これらは「車輪」を示す古代チュルク語tegrkの音写であるという説もあるが、チュルクを写したものであろう。匈奴(きょうど)の支配を受けたが、のち独立してこれを攻めた。三国~南北朝時代には、一部が中国北辺、西北辺に散居したが、主力はモンゴル高原に残って中国人から高車丁零、高車とよばれ、柔然(じゅうぜん)に征服された。鉄勒(てつろく)はその後裔(こうえい)である。[護 雅夫]
『護雅夫著『古代遊牧帝国』(中公新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の丁零の言及

【高車】より

…古代トルコ系遊牧民。丁零の後裔の連合体で,正しくは高車丁零という。匈奴治下からしだいに南下し,3世紀の鮮卑分裂後モンゴリアに勢力をのばしたが政治的統一は弱く,5世紀初めにはほとんど柔然に服属した。…

【鉄勒】より

…中国,隋・唐の史書で,北アジア,中央アジアの遊牧トルコ系諸族Türkに対して用いられた総称。紀元後から丁零(ていれい),勅勒(ちよくろく)と呼ばれた北アジアのトルコ族の系譜をひく。その後のモンゴル高原の高車丁零,また5世紀末にジュンガル盆地に自立した高車を直接の母体の一つとみることができる。…

【トルコ族】より

…すなわち,トルコ系諸民族が,その現住地に居住するにいたるまでには,〈移動〉〈征服〉を中心にくりひろげられた彼らの長い歴史があり,その意味では,トルコ民族史は,トルコ系諸民族の移動と征服活動の歴史であったともいえる(図)。
[丁零と高車]
 トルコ系諸民族がもともとどこに居住していたか,彼らの原住地がどこであったかという問題については,現在なお定説がない。原住地を,少なくともウラル山脈以東の草原地帯に求める説が有力ではあるが,ウラル以西にも古くからトルコ系諸民族の活動が見られたとする説もあって,なお一定しない。…

※「丁零」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

丁零の関連キーワードアタチュルクモンゴル語ケマルアタチュルク蒙古チュルク語アタチュルク森林農園アタチュルクの森アタチュルク廟ヤマダモンゴルチュルク系諸族

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone