コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丁零 ていれいDing-ling; Ting-ling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丁零
ていれい
Ding-ling; Ting-ling

前3世紀からモンゴルに現れたチュルク系の遊牧民族。丁零はチュルク Türkの音訳であろう。最初匈奴の北に拠り,その支配下にあったが,匈奴が衰えるとこれを攻撃,一部は南下した。のちモンゴル南部に興った鮮卑と対立し,その後興った柔然に支配されたが,5世紀末独立して天山地方に移り,高車国を建てた。これは丁零胡あるいは高車丁零と呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丁零
ていれい

紀元前3世紀~後5世紀にモンゴル高原に遊牧していたトルコ(チュルク)系民族。丁令、丁霊とも書かれる。これらは「車輪」を示す古代チュルク語tegrkの音写であるという説もあるが、チュルクを写したものであろう。匈奴(きょうど)の支配を受けたが、のち独立してこれを攻めた。三国~南北朝時代には、一部が中国北辺、西北辺に散居したが、主力はモンゴル高原に残って中国人から高車丁零、高車とよばれ、柔然(じゅうぜん)に征服された。鉄勒(てつろく)はその後裔(こうえい)である。[護 雅夫]
『護雅夫著『古代遊牧帝国』(中公新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の丁零の言及

【高車】より

…古代トルコ系遊牧民。丁零の後裔の連合体で,正しくは高車丁零という。匈奴治下からしだいに南下し,3世紀の鮮卑分裂後モンゴリアに勢力をのばしたが政治的統一は弱く,5世紀初めにはほとんど柔然に服属した。…

【鉄勒】より

…中国,隋・唐の史書で,北アジア,中央アジアの遊牧トルコ系諸族Türkに対して用いられた総称。紀元後から丁零(ていれい),勅勒(ちよくろく)と呼ばれた北アジアのトルコ族の系譜をひく。その後のモンゴル高原の高車丁零,また5世紀末にジュンガル盆地に自立した高車を直接の母体の一つとみることができる。…

【トルコ族】より

…すなわち,トルコ系諸民族が,その現住地に居住するにいたるまでには,〈移動〉〈征服〉を中心にくりひろげられた彼らの長い歴史があり,その意味では,トルコ民族史は,トルコ系諸民族の移動と征服活動の歴史であったともいえる(図)。
[丁零と高車]
 トルコ系諸民族がもともとどこに居住していたか,彼らの原住地がどこであったかという問題については,現在なお定説がない。原住地を,少なくともウラル山脈以東の草原地帯に求める説が有力ではあるが,ウラル以西にも古くからトルコ系諸民族の活動が見られたとする説もあって,なお一定しない。…

※「丁零」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

丁零の関連キーワードトルコ系諸族タガール文化北アジア史五胡十六国トルコ史トルコ族郅支単于冒頓単于檀石槐白蘭予成

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android