コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七日原 なのかっぱら

2件 の用語解説(七日原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七日原
なのかっぱら

宮城県南西部,蔵王山東麓にある草原。蔵王町中西部に位置する。東西 3km,南北 4kmの火山扇状地。寛保3 (1743) 年伊達藩が開拓し,牧場を経営した。明治以降,第2次世界大戦後もさらに開拓され,宮城県の酪農の中心地。北部に遠刈田温泉がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

七日原
なのかはら

宮城県南西部、刈田(かった)郡蔵王(ざおう)町の前烏帽子(まええぼし)岳東麓(ろく)に広がる草原。東西3キロメートル、南北4キロメートルの扇状地状の草原で、火山泥流物質からなり、南縁を秋山沢が流れる。1744年(延享1)以来白石(しろいし)城主片倉氏の牧場であった。第二次世界大戦後、引揚者が入植、厳しい自然条件のもとで開拓が行われた。現在は県内有数の酪農地域で、蔵王酪農センターがある。国道457号が通じている。[境田清隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

七日原の関連情報