コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刈田 かりた

2件 の用語解説(刈田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

刈田
かりた

他人の田畑の作物を無断で刈取ること。目的は,単なる収穫か,相手に打撃を与える場合かのいずれかで,それを「刈田狼藉」といった。鎌倉幕府は,初め刈田関係の訴訟を民事訴訟機関で取扱ったが,延慶3 (1310) 年,刑事事件としてその行為を禁止し,守護が取締った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かり‐た【刈(り)田】

稲を刈り取ったあとの田。刈り小田。 秋》「待ちかねて雁の下りたる―かな/一茶

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

刈田の関連キーワード奪い取る表作窃用作り取り盗作盗用刈取り刈取る毛上野荒し

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

刈田の関連情報