遠刈田温泉(読み)とおがったおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遠刈田温泉
とおがったおんせん

宮城県南部,蔵王山東麓,松川流域にある温泉。蔵王町に属する。泉質は硫酸塩泉,放射能泉。泉温 46~62℃。古くから付近の住民の湯治場として利用されていたが,蔵王道路 (エコーライン) に近いため,青根,峩々温泉とともに蔵王山東麓の観光拠点として発展。こけしの産地でもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕遠刈田温泉(とおがったおんせん)


宮城県南西部、刈田(かった)郡蔵王(ざおう)町にある行楽・保養向きの温泉。阿武隈(あぶくま)川支流の松(まつ)川北岸にわく。蔵王観光の基地の一つで、蔵王山の眺めがよい。松川対岸の新地(しんち)は遠刈田の伝統こけし作りの集落。西3kmに蔵王少年自然の家・野鳥の森がある。冬季はスキー客でにぎわう。ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉。泉温85.2℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遠刈田温泉
とおがったおんせん

宮城県南西部、刈田(かった)郡蔵王(ざおう)町にある温泉。蔵王山の東麓(とうろく)、松川の左岸に位置し、かつて湯刈田と称した。金売り吉次が岩崎山の金鉱採掘の際に発見したという伝説があるが、実際には1601年(慶長6)の発見である。ラジウム含有量の多い硫酸塩泉。蔵王登山やスキーの基地。近くの新地(しんち)は遠刈田系の宮城伝統こけし(国の伝統工芸品に指定)や木地玩具(きじがんぐ)の産地。国道457号が通じ、東北新幹線白石(しろいし)蔵王駅からバスの便がある。[長谷川典夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android