コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三七日 サンシチニチ

デジタル大辞泉の解説

さん‐しちにち【三七日】

21日間。「三七日の参籠(さんろう)」
人の死後、21日目。また、その日に営む法要。みなぬか。
出産後、21日目の祝い。

み‐なぬか【三七日】

人の死後21日目。また、その日に行う法事。さんしちにち。みなのか。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんしちにち【三七日】

二一日間。 「 -のお籠こもりをする」
仏教で、人の死後21日目。みなぬか。
出産後、21日目の祝い。

みなぬか【三七日】

人の死後21日目。また、その日の法事。みななぬか。みなのか。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三七日の関連キーワード十王(亡者を裁く10人の王)葬送儀礼のことば小栗判官十三仏新勝寺不断経参籠ろう法要三時仏教無言ぬか

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三七日の関連情報