コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七賢人物語 しちけんじんものがたり

1件 の用語解説(七賢人物語の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しちけんじんものがたり【七賢人物語】

ヨーロッパ中世の枠物語の一つ。インド起源を説く学者もあるが,現存最古のものは8世紀のアラビア語作品である。インドの賢者シンディバッドに託された王子が,再婚した父王に呼び戻されることとなって,星占いをした賢者に,7日間絶対の沈黙を守らぬと命が危ないと告げられる。王宮に戻った王子は若い新女王に言い寄られ無言のままはねつける。これを恨んだ女王は王子が女王に乱暴を働こうとしたと王にざんげんし,王は王子を死刑に処することを命じるが,7人の賢者が次々と出て来て〈女性の言を盲信して誤まる権力者〉のたとえ話を物語る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

七賢人物語の関連キーワード南ヨーロッパヨーロッパ共同体ヨーロッパ中央銀行ヨーロッパ連合ケルトヨーロッパトルコヨーロッパロシアヨーロピアンインドヨーロッパ語族ヨーロッパ級

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone