コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万国史 ばんこくし

世界大百科事典 第2版の解説

ばんこくし【万国史】

広義には世界諸国の歴史をさすが,日本の教育においてはとくに明治初期に学校で使用された諸外国史の教科書をさす。明治初期は欧米先進諸国の科学・技術の導入だけでなく,その歴史的背景の学習への要求も強く,ここから世界諸国,とくに欧米諸国の歴史としての万国史が学校の歴史教育でとりあげられた。文部省も1874年(明治7),師範学校編《万国史略》(全2巻)を出したが,これは1872年刊行の《史略》(全4巻,巻一〈皇国〉,巻二〈支那〉,巻三・四〈西洋〉)の巻二以下に加筆したもので,分量は西洋が中国の4倍以上であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の万国史の言及

【世界史】より

…類似したことばとして一般史,普遍史,人類史などがあり,歴史家によって多少意味の異なる場合もあるが,世界史ということばで統一できよう。日本ではこのほか万国史といういい方があったが,国民国家の列挙という意味が強く今は使用されない。 世界史ということばの定着したのは,ドイツの歴史家ランケ晩年の弟子であるL.リースが1887年東京大学に招かれて講義してからではないかと思われる。…

※「万国史」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

万国史の関連キーワードジャーミ・アッタワーリーフ大槻 文彦熊本洋学校田中義廉西村茂樹ホーソン世界史広義

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android