コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三上義夫 ミカミヨシオ

デジタル大辞泉の解説

みかみ‐よしお〔‐よしを〕【三上義夫】

[1875~1950]数学史家。広島の生まれ。和算および日本と中国の数学史を研究。著「文化史より見たる日本の数学」「東西数学史」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三上義夫 みかみ-よしお

1875-1950 明治-昭和時代の数学史家。
明治8年2月16日生まれ。第二高等学校を病気中退,数学を独学する。明治41年学士院嘱託となり,和算史を研究。また東京帝大大学院で哲学をまなぶ。著作に大正7年遠藤利貞遺稿を校訂した「増修日本数学史」,12年「文化史上より見たる日本の数学」などがある。昭和25年12月31日死去。75歳。広島県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みかみよしお【三上義夫】

1875‐1950(明治8‐昭和25)
日本数学史研究で知られる科学史家。広島に生まれ,千葉県尋常中学校卒業後仙台の第二高等学校へ入学するが,中退。文部省検定により中等学校数学科免許状を取得。1905年に和算史の研究に着手。08年,帝国学士院和算史調査嘱託となる。東京帝国大学文科大学哲学科を修了し,19年まで大学院に籍を置く。1915年ころから日本全国を和算家の遺跡調査のため出かける。23年,藤沢利喜太郎と意見が合わず帝国学士院の嘱託解任。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みかみよしお【三上義夫】

1875~1950) 数学史家。広島県生まれ。東大卒。関孝和を中心に日本および中国の数学史を研究。著「和漢数学史」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三上義夫
みかみよしお
(1875―1950)

科学史家。広島県生まれ。眼疾のため仙台の第二高等学校を退学、独学で中等教員検定に合格、数学科免許を得た。1905年(明治38)ごろから和算史の研究を始め、1908年帝国学士院嘱託。1911年東京帝国大学哲学科選科入学、1919年(大正8)まで大学院に在籍。1949年(昭和24)理学博士。関孝和(たかかず)を中心に日本の数学、日本と中国の数学関係史などを研究、1923年の論文「文化史より見たる日本の数学」は科学史を文化史としてみた世界初の論文であり、科学史研究に大きな影響を与えた。[大矢真一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三上義夫の言及

【遠藤利貞】より

…貧困と家庭の不幸の中で和算史の研究に情熱を注いだ。没後,論争の相手であった三上義夫(1875‐1950)により,遠藤の遺稿は《増修日本数学史》(1918)として刊行された。【下平 和夫】。…

【科学史】より

…それは一つには,和算という比較的輪郭も性格も明確な,しかも日本に独自といってよい知識体系が存在していたことにもよる。すでに遠藤利貞の《大日本数学史》などの仕事があったうえに,三上義夫のように当初から海外に発表の舞台を求めた数学史研究(《日本数学史》,D.E.スミスと共著)が花開いており,小倉金之助の一連の仕事も含めて,単に海外の学問の紹介ではなく,すでに,独自の内容をもつ研究が進められていた。また1910年代から科学啓蒙活動や科学論に対する関心が生まれ,啓蒙誌《現代之科学》が刊行(1913)されたり,田辺元の《科学概論》(1918)が現れ,22年のアインシュタインの来日によってこうした傾向は頂点を迎える。…

【和算】より

…和田寧の孫弟子遠藤利貞(1843‐1915)による《大日本数学史》(1896)が和算史の第一歩となった。遠藤の没後これを三上義夫(1875‐1950)が増補訂正して《増修日本数学史》(1918)にまとめた。和算史の研究は,林鶴一(はやしつるいち)(1873‐1935),小倉金之助(1885‐1962),藤原松三郎(1881‐1946),細井淙(1901‐61)その他により続けられている。…

※「三上義夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三上義夫の関連キーワード岡本則録昭和時代李儼三上

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android