コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

律管 リッカン

デジタル大辞泉の解説

りっ‐かん〔‐クワン〕【律管】

調子笛の一種。古代中国で発明された、音楽の調律標準となるで、日本では主に雅楽で用いられた。12本の中空の竹または金属製の管を長短の順に並べ、下端を指でふさぎ、上端から息を吹き込んで鳴らす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

律管【りっかん】

の基準音を得るために古代中国や日本で用いられた竹または銅製の管で,それを吹奏して基準音を求めた。一管で一つの基準音のみを求めるものや,12管一組で十二律を求めるものなどがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りつかん【律管 lǜ guǎn】

中国で古来,音の高さを示すために考案された管で,または律呂(りつりよ)と呼んだ。起源に関しては,黄帝(こうてい)が伶倫に命じて竹で十二律を作らせたという伝説がある。初めは無節の竹管を用いたが,同一条件の正確な律の竹管が求めがたく保存にも不便であったので,玉や銅をも用いて作るようになった。唐代に張文収が360銅律を作ったり,吉備真備(きびのまきび)が銅律一部を唐から持ち帰った記録がある。律管の長さや内径音律との関係から種々の計算方法がとられてきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りっかん【律管】

中国・日本で古くから用いられた調子笛。一組の律管は長短一二本の細い管(通常は竹製)よりなる。各管下端を指で閉じて上端に息を吹き付けて鳴らせば、十二律の基準音高が得られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

律管の関連キーワード馬王堆1号漢墓バッグパイプ三分損益法ハリール中国音楽三分損益調子笛ガイダ楽家録古く京房

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android