三大橋(読み)サンダイキョウ

とっさの日本語便利帳の解説

三大橋

平安時代の▽宇治橋(山城)、山崎橋(山城)、勢多橋(近江)

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐だいきょう ‥ダイケウ【三大橋】

〘名〙 ある地方の三つの大きな橋。特に、中古、山城国(京都府)の山崎橋・宇治橋・近江国(滋賀県)の勢多橋の三つの大橋の称。山崎橋がなくなってからは淀大橋を加えていう。また、江戸の両国橋・千手橋・六郷橋、あるいは大坂の天満橋天神橋難波橋をいうこともある。〔伊呂波字類抄(鎌倉)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三大橋の関連情報